β(ベータ)グルカン


||||| 話題商品 | 通販通 | お得サーチ | βグルカン含有商品 ||||||||||||
※大震災後、原発放射能に全世界が警戒している。日本では、地震が落ち着くに連れて被災地の復興が少しずつではあるものの始まっているが、原発に関しては収束がいつまでかかるのかわからない今、健康被害に関心は移りつつあるのが現状である。そんな中でも効果が期待できるβグルカンに注目が集まっている--------
βグルカンとは
   グルコースがβ1-3型の結合で連なった多糖で、植物や菌類、細菌など自然界に広く分布し、キノコ類に多く含まれる物質。主にアガリクスをはじめとするキノコ類やパン酵母の細胞壁に含まれており、世界の大学や研究機関では、パン酵母から抽出したβ(ベータ)グルカンについて多くの研究が行われるなど、欧米では機能性食品としても知られている。グルカンは2つの要素に分かれていて、ブドウ糖が多数結合した物質の総称をグルカンと呼び、アルファ型とベータ型があります。この中で健康維持に役立つとされているのがβ型になり、そしてこれがベータグルカン(別名グリコプロテイン)と呼ばれているものです。βグルカンは、結合のパターンの中のベータ1.3Dグルカンにあたる。
期待効果
 ベータ(β)グルカンは、免疫力を高めるため、(米スリーマイル島原発事故の被災者に健康調査した結果、白血球の数が減少しなかった人々の体内から多く検出されたという報告もあるほど)放射能被爆によって白血球が減少するとも指摘されるだけに、ベータグルカンの免疫力向上効果が期待される。放射線とβ-の関係を調べると、現在の医療の現場では放射線治療をするがん患者に投与するケースもあり、がんに着目すると、7年前に、ベータ(β-)にがん細胞の転移を防ぐ効果があることを動物実験で確認したと日本癌学会でが表している。また、アトピー性皮膚炎やアレルギー反応などについて改善される事も期待される。まだ研究段階ではあるが、十分に効果は期待できるものと推察できる。
がん(癌)予防

   βグルカンは、身体の抵抗力を強くしてくれ、生まれながらに持っている免疫力をより高めてくれる働きを持っているといわれています。この免疫力を高める事で、ガン予防であったり、がんの治療に効果が期待されています。キノコ類には、抗がん作用があるという事は昔から言われてきたように、βグルカンの研究が進んできたことによって、キノコ類の抗がん作用がベータ(β)グルカンの作用によることもわかってきた。

含有食品

   舞茸や椎茸、ハナビラタケ、霊芝、アガリスクといったキノコ類に含まれ、またパン酵母の細胞壁にも含まれていると言われている。

βグルカンが被爆前に放射線を防護したといういわばシェルター機能の研究成果はまだないと思われる。したがって、ご使用の際は自己責任でご使用下さい。

||||| 話題商品 | 通販通 | お得サーチ | βグルカン含有商品 |||||